GOTO宮崎!3泊4日!宮崎ラグジュアリーステイ&グルメ!多彩で豊かな神々に触れる旅2日目③

行く前に知っておきたい!高千穂峡の駐車場~オーバーツーリズムの弊害~

高千穂峡に行くために車を走らせると、途中からどんどん下りになります。

高千穂峡で貸ボートに乗ってみたい!

ガイドブックのド定番の写真、あのボートに乗ってみたいのです。

幾度となく見るたびに、素敵な場所だと思わずにはいられない静謐な雰囲気の高千穂峡の写真たち。

今日は自分がその場に立てるなんて・・・不思議で幸せです。

途中二股に分かれる場所で赤い誘導棒を持った係員のおじさんに通せんぼされました。(上記地図の『係員がいる場所』)

なんでもボート乗り場の駐車場は一杯だから右側(この時は知らなかったですが、第2あららぎ駐車場)に止めるようにとのこと。

係員さんに第2あららぎ駐車場からボート乗り場までどれくらいかかかるか聞いたところ

すぐだよ、すぐ!

と言われました。

貸ボートはいつでも混んでいると知っていたので、ここで連れが車を降りてボートの予約をしに行くことになりました。

この判断が後の大失敗につながります。

ここまでの連れとわたしのやりとり、係員さんは全部聞いていました。

連れが車を降りて高千穂ボート乗り場方面に徒歩で歩き始めたのも、わたしが車を第2あららぎ駐車場方面に進めたのも見ていました。

連れと別れて車をすすめながらわたしが思ったこと。

ぜんっぜん、すぐじゃないよっ!!!

ものっすごい勢いで車は下っていきます。

後から地図で調べたら、係員さんがいた場所からたった300m程度離れた場所が第2あららぎ駐車場なのですが、車で下ってきたあの坂を徒歩で登り返すとかちょっと無理!と思えるくらいの急坂でした。

第2あららぎ駐車場で300円払い、連れが先行して向かったボート乗り場に行きたいと尋ねると、すぐ近くの階段をさし、遊歩道を教えてくれました。

何分くらいかかりますか?と聞くと

20分くらい

と言われました。

片道20分、往復40分・・・

白目。

信じられない。

係員さんは、ボートに乗りに行きたいだけの観光客に往復40分の駐車場を案内したのです。

しかも『すぐ』って言ったのです。

往復40分が『すぐ』って、どんな時間軸持っているのでしょうか。

高千穂だけに神々と同じ悠久の時間軸を持っているのかもしれません。

でも、時間の限られた観光客に間違った案内はよくないと思います。

もう一度地図を見るとこんな感じ。

往復で40分かかると知っていたら、連れと係員さんがいる場所で別れませんでした。
貸ボートには乗れなかったかもしれないけれど、高千穂峡遊歩道を許された時間内で散策してそれなりに楽しんだと思います。

これから高千穂峡ボート乗り場に車で行かれる方、わたしと同じような案内をされるかもしれません。

そんな時のためにわたしの大失敗を参考に、高千穂峡を訪れる時には時間に余裕を持った計画されることをおすすめします。

でも大失敗から気付いた裏技もあります!高千穂峡遊歩道を時間短縮で歩く裏技!

あとから調べてわかったことですが、高千穂峡谷はオーバーツーリズムで貸ボートは日によって9時間半待ち、駐車場は満車で駐車場ではない場所に車が止まっていたり、大変なことになっていたようです。

係員さんも大変で、同情の余地はあったのかもしれません。責めるようなこと言ってごめんなさい。

でも往復40分は案内したほうがいいと思います。

第2あららぎ駐車場から高千穂峡遊歩道を…走る??

時間があれば高千穂峡遊歩道を散策するつもりでいましたが、今回はもう本当に時間がありません。

なぜならば14時から高千穂観光協会の現地ツアーを申し込でいたから。

現在時刻13時15分。

ボート乗り場の駐車場に止められれば、ボートには乗れないかもしれないけれど、30分くらい周囲を散策して移動し、予約していた現地ツアーにはちょうど間に合う計算でした。

計画通りにいかないのも旅の醍醐味ですね!(捨て身のポジティブ)

ここから20分も歩かないと連れのいるボート乗り場にたどりつけない…

現地ツアーは遅れる連絡しておかないとな…

先走る焦りを沈めながら走りはじめます。

歩いていたらぜったいに時間が間に合わない。

周囲の人々は優雅に歩いて散策しています。

遊歩道を走っているのはもちろんわたし1人です。

途中連れから電話が入りました。

ボートの券買えたよ!(きらきら

今こそ神話の地で叫びます

オーマイガー!

なんということでしょう!

嬉しいのか、嬉しくないのか最早わからなくなってきました。

さらにペースを上げ巨体を揺らし走り続けます。

走るといっても、わたしの走る速さは早歩き+αくらの速さですが。

これでも一生懸命。

もちろん、火砕流でできた見応えのある柱状節理とか遊歩道の絶景、それから神話の中で鬼八が力自慢で投げたとされる力石も目に入っていません!(嗚咽)

高千穂峡に来てもなお、わたしの今の目標はただ1つ。

猪突猛進に連れが待つボート乗り場に辿り着く!

ただそれだけ!

走ります!走ります!走ります!

なんと!10分で着きました!

所要時間半分に縮めました!自分で自分を褒めてあげたい 涙

そして到着した頃には

ひゅーひゅーひゅーひゅーひゅーひゅーひゅー…

喘息の発作が出てしまいました。軽く苦しい。

連れに大変心配されましたが、常備薬のサルタノールの吸引でなんとか復活!

連れはわたしが20分かかることを聞いて、ボート乗り場の人に返金を申し出たようですが、返金は断られてしまったそうです。

そんなことまでしてくれていたのね。ありがとう!

【高千穂峡遊覧貸ボート基本情報】
営業時間:8:30~17:00 (※最終受付16:30)
基本料金:1艇/3,000円(税込)/30分
乗船料金:大人1名(小学生以上)/1,000円(税込)
未就学児1名(0~6歳)/500円(税込)

オーバーツーリズムを受けて貸ボート料金を値上げしたようです。

現在は予め予約できるインターネット予約と当日受付枠があるようです。

わたし達は当日受付枠でした。

この日はすぐに券を買えたようです。

大人2名で乗船する料金は5,000円です。

高い!

けれど、やはり乗って良かった!

乗って良かった!のポーズ。

10分ほど休んで、ボート乗り場へ階段を下りていきます。

9万年前の阿蘇山噴火に伴う火砕流が河川によって浸食され形成されたのが五ケ瀬峡谷です。五ケ瀬峡谷の代表といえるのが高千穂峡。

岩と岩に挟まれ影を落とし、深い青の水をたたえる五ヶ瀬川は、観光客が大勢押しかけてもなお神秘的な佇まいを失わない不思議な場所です。

訪れた日は快晴。高千穂峡の陰と陽が鮮明となりより印象深い絶景を堪能できました。

日本の滝100選に選ばれた真名井の滝にボートで近づき、約17mから落ちてくる滝を目の前で見ることができます。

わたしに喘息の発作が出てしまったので、ボートは連れが漕いでくれました。

オール使いに四苦八苦する他の貸ボートの男性たちを尻目に、細い体でいともたやすくにボートを操る連れ。

惚れました。

約30分の貸ボートを心から楽しみ終了。

橋の上から高千穂峡を見下ろし撮影

高千穂峡遊歩道を時間短縮で歩く裏技!往路は徒歩で散策♪復路はタクシー!

さて、ここからあららぎ第2駐車場へ歩いて帰るわけですが、喘息の発作のせいか息切れしやすくなっていました。

連れがタクシーを提案してくれたのと、宮交タクシー専用乗り場が近くにあったため、タクシーの配車をしてもらいました。

ここで素晴らしい裏技に気が付いてしまいました。

高千穂峡の遊歩道を散策すると同じ道を往復しなければなりません。

高千穂峡遊歩道を散策したい。でも全く同じ道を戻るので往復40分かけるのはちょっともったいない。

という方におすすめのプランです!

最初から比較的空いている第2あららぎ駐車場に車を止め

高千穂峡遊歩道を第1御塩井駐車場方面(見所方面)へ散策(往路約20分)
到着後、貸ボートするなり、御橋から真名井の滝を眺めるなり観光

帰りは高千穂峡からタクシーで第2あららぎ駐車場へ戻る(復路5分)

まさに今回わたしが辿った道筋。
わたしは係員のおじさんに否応なく第2あららぎ駐車場に進むよう案内され、このルートを辿りましたが、最初からこのプランなら係員のおじさんへの文句もでないというもの。
転んでもただでは起きぬ。

わたしの屍を超えて良い旅のプランニングをしてください!

この石碑と御橋の間にタクシー専用乗り場の看板と電話番号が書いてあります。

宮交タクシー高千穂営業所 
0982-72-2121

配車の連絡をしたら3分くらいですぐに迎えにきてくれました。

高千穂峡遊歩道とはちがう道で車でほんの5分ほどの距離。

でも起伏もあるので歩いたら結構遠い。

タクシーの運転手さんは初乗り料金で着いてしまう距離なのに、嫌な顔せずに乗せてくれました。

そういえば迎車料金はかかりませんでした。

調べてみると・・・ご利用Q&A⇒迎車料金かからないのですね!

ありがとう宮交タクシー!

無事に第2あららぎ駐車場まで送っていただき、安堵しました。

高千穂峡では流しそーめん食べたり遊歩道散策したり(走りましたが)やりたい事がたくさんあったのですが、時間が足りませんでした。

次回訪れる機会があれば、高千穂で一泊したいと思います。

さあ!次は高千穂観光協会にお願いしてある現地ツアーです!

神々に触れる旅のハイライトです。2日目④へ

各日へリンク

GOTO宮崎!1日目①
大淀河畔みやちくでランチ
GOTO宮崎!1日目②
堀切峠・鬼の洗濯岩・道の駅フェニックス・青島神社・完熟マンゴージュース
GOTO宮崎!1日目③
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート・うなぎ処鰻楽・月の道
GOTO宮崎!2日目①
クラブラウンジの朝食・高千穂峡旅のしおり・道の駅よっちみろ屋・道の駅青雲橋
GOTO宮崎!2日目②
あまてらす鉄道・カフェARIGATOでランチ
GOTO宮崎!2日目③
高千穂峡駐車場・高千穂峡遊歩道・宮交タクシー
GOTO宮崎!2日目④
高千穂観光協会現地ツアー・高千穂神社・荒立神社・天の真名井・槵觸神社・
栃又棚田・天岩戸神社・天安河原

GOTO宮崎!3日目
ホテルステイを楽しむ!レンタサイクル・テニス・卓球・水辺のガゼボ・ピローギャラリー・みそぎ池・パインテラスでお祝いプレート・おゆのみやで『湯道』を体験
GOTO宮崎!4日目
朝食ルームサービス・フィットネス体験(ジ・オーシャンクラブ)・レタールームで手紙をしたためる・一心鮨光洋でランチ・フーデリーでお土産購入・さよなら宮崎
GOTO宮崎!お土産編
北浦月の塩・日向夏ぽん酢・柚子ごしょう・マキシマム・芋焼酎杜氏潤平

タイトルとURLをコピーしました