35歳で社会人入試を受験して都立看護専門学校へ入学した話 きっかけ編

看護師を目指したきっかけ

もう10年以上前のお話。
リーマンショック前の夏、為替のドル円相場が124円まで上がり誰が最後のババを引くかチキンレース化し、世界が全世界同時株安という経済の危機に直面し始めた頃の話。

わたしは離婚の危機に直面していました。

当時わたしは派遣社員という不況が来れば吹けば飛ぶくらい不安定な身分で働いていました。
離婚話が進んでいる最中は世界同時株安も相まって、精神的に本当に辛かったです。
どうして生きていかないといけないのだろう、と考えたりしていました。
とにかく未来が不安で仕方なかったです。
当時の目標はいかに慰謝料をたくさんもらうか。
こんな悲壮感漂う中にあっても目標があれば邁進できる性質のわたしは、目標達成で破格の慰謝料をもらいました。
実母をドン引きさせるくらいの酷い慰謝料交渉をしたみたいです。
でも、ざっくり抉られた心の傷には慰謝料はなんの役にも立ちません。(後に十分役に立ちましたが)

何の保証もない派遣で働いて、このままでは不安!
何か手に職をつけないと!

兎にも角にも!
わたしには自立して一人前にならないといけない!


という人生の命題に齢35歳にもなって直面してしまったわけです。

離婚により実家に帰り、昼夜問わずわんわん泣く情緒不安定の姉を見るに至り哀れに思ったのか、妹から短絡的かつ現実的に提案されたのが

東京都立看護専門学校の社会人入試

への道でした。

そういえば亡くなった祖母も看護婦だったな~

看護師の転職ならジョブデポ看護師

なせ都立看護専門学校なのか

それは学費が激安だからです。
今は少し上がっていますが、当時は年間の学費が
24万円程度
でした。

離婚して会社を辞め看護学校に通うにはお手頃のプチプライスです。

これが後に円形脱毛症ができるくらい後悔するブラック看護学校生活の起点です。

社会人入試に必要なもの

妹から都立看護専門学校の社会人入試枠を教えてもらい調べてみることにしました。

社会人入試に必要になるのは
●自己推薦書(400字×3枚)
●試験時の小論文
●面接

いぇーい!ラッキー!!

一般入試と違い英語とか数学とかの試験はありません。

単純なわたしはこれだけで大喜びしました。

だって、今更、英語も数学も勉強するとか無理すぎます。
都立看護学校の偏差値は意外にも低く55~58くらいですが、15年くらい勉強していないわたしには普通に無理。

だから社会人入試一本に絞って、一般入試は受験しないことにしました。
入学後にわかりましたが、社会人入試で不合格だったから一般入試で試験を受けて入学した、という社会人も数人いました。
リーマンショック後だったので、社会人にとってもそれくらい厳しく行く末を考える時期だったのかもしれないです。

願書滑り込みセーフ!

妹から社会人入試の話を提案されたのが9月初め。
社会人入試の願書締め切りが9月中旬頃。
願書締め切りまで2週間くらいしかありませんでした。

願書と一緒に提出する住民票などの書類を揃える一方で
自己推薦書(400字×3枚)という大仕事を仕上げなければなりません。
自己アピールみたいなものですね。
自己アピール書くのと、寒空の下2時間来ない友達を待ち続けるの、どっちか選べと言われたら、間違いなく後者を選ぶくらい苦手です。

たとえ”事故”アピールになったとしても、書かなければならないものは仕方ありません。
当時はテレマーケティングの仕事でオペレーターをしていたので、そのことに絡めて自己推薦書を書きました。

キーワードは『傾聴力』
わたしは今、電話を受ける仕事してて、お爺ちゃん・お婆ちゃん・高圧的なおじさん・ぎゃーぎゃーキンキン叫ぶおばさんとか色んな人がいて、言ってることとかよくわかんないこととか多いよ!
でも得意の『傾聴力』活かしてお客さんの希望を聞いて注文受けてるよ!
どんな仕事でも聴く力って大事だよね!
みたいな事をもっとオブラートに包んで、綺麗な言葉で飾って、自己推薦書として書いて出しました。

自己推薦書も含めて書類が全部揃ったのが願書締め切りの3日前くらい。
滑り込みで願書が間に合いました!奇跡!

社会人入試一次試験編へ続く

優しそうで優しくない5年目看護師 #Shorts

最近ハマってるYouTube。
看護師ってホントどくだみ茶絞ったみたいな味がしそうな感じの人が多いからウケル

看護師・看護学生限定 婚活マッチングサービス【ホワイトパートナーズ】
タイトルとURLをコピーしました