信州・松本1泊2日旅行(1日目)

妻(のんたまご)の宮崎旅行のブログを読み、旅行したい〜、温泉で癒されたい〜。

と思い、温泉旅行することにしました。

しかし仕事やその他の用事で、行けるのは11月22〜23日のみ。3連休中の2日間です。
GOTOトラベルの影響で温泉宿はほとんど空きがなく、やっと予約できたのが信州松本の旅館。

癒されるのが目的のため、のんびり行ってきました。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

旅の概要

1日目

2日目

松本へのルート

地方では、移動には車が必須。

電車で行ってレンタカーを借りることも考えましたが、マイカーで行くことにしました。

出発地は埼玉県。ルート候補は大きく2つ。

中央自動車道経由と関越自動車道と上信越自動車道経由。

長野県には長野市と松本市の2つの大きな市があり、離れた場所にあります。

長野市に行くには関越自動車道と上信越自動車道経由で、松本市は中央自動車道、という思い込みがあったのですが、Googleマップで検索すると関越自動車道と上信越自動車道経由で松本市へ行っても、中央道経由と所要時間があまり変わらないではありませんか。

中央自動車道は相模湖付近で大渋滞が起きやすいというイメージがあるので、今回の旅は関越自動車道と上信越自動車道経由としました。

地図の北側が関越自動車道〜上信越自動車道経由、南側が中央道経由です。

出発

2020年11月22日 朝8時、出発。

関越自動車道は、鶴ヶ島ジャンクションと高坂付近で若干の混雑があったものの、ほぼ順調。

藤岡ジャンクションで上信越道へ。更埴ジャンクションで長野自動車道へ。

姨捨サービスエリア

途中、休憩のために立ち寄った姨捨サービスエリア。

こぢんまりしたサービスエリアながら、ここから眺める風景は最高。さっそく信州の美しい風景に癒されました。

お店の中に入ると正面の窓から連なる山々の峰を臨むことができ、まるで絵画のようです。

お店の中は長野らしいお土産がたくさん置いてありました。
小さいですがフードコートもありました。

大王わさび農場

大王わさび農場は、わさび農場であり、お土産屋やレストランが併設された観光スポットでもあります。

  • 所在地:長野県安曇野市穂高3640
  • アクセス:長野自動車道 安曇野IC(旧豊科IC)出口より約10分。JR大糸線穂高駅からタクシーで約10分
  • 駐車場:駐車場無料(大型:25台 普通車:約350台) 
  • 営業時間:3月~10月…9:00~17:20、11月~2月…9:00~16:30
  • 休み:無休

美しいわさび田

大王わさび農場には12時に到着。

駐車場は、長野県外ナンバーばかり。混雑していましたが駐車スペースに空きはあり、すぐに車をとめることができました。

お腹が空いたのでレストランへ。ご飯にわさびと鰹節をかけた本わさび丼があるというので楽しみにしていたのですが…。入店待ちの行列。

もうひとつの食事処、そば蔵も行列。

レストランでの食事は諦め、わさび田を見に行くことにしました。

天気も良く、美しいわさび田に心癒されました。

言葉であわらせないので、写真をご覧ください。

『「珍百景」ふたつの川』

大王わさび農場に隣接する場所に、一般河川万水川(よろいずがわ)と湧水100%の蓼川(たでがわ)とが並んで流れています。
合流しても水温などの違いから、しばらくは混ざることなく流れ続けるそうです。

なんだか、不思議です。

水車小屋

水車小屋がありました。

1990年に公開された黒澤明監督作品「夢」のロケ地になったそうです。

大王わさび農場でランチ

お腹が空きました。
松本市へ移動して食事をしようと思っていたのですが、とても我慢できません。

大王わさび農場のレストランでランチにしようと思っていましたが、わさび丼のお店もそばのお店も大行列!

売店に色々な食べ物が売られているので、仕方なく売店でお昼ごはんにすることにしました。

まずは、わさびソフトクリーム。

本わさびソフトクリームやその他の味は390円。
大王プレミアム本わさびソフトクリームは、わさび入りのソフトクリームに更に本わさびが付いて480円。
注文する時に間違えないでください。(僕は間違えそうになりました)

大王プレミアム本わさびソフトクリームを注文。

わさびの辛さがソフトクリームと意外と合ってる。

でも、普通のフレーバーの方が良いな(笑)

次にいただいたのは、わさびコロッケとわさびフランクフルト。

わさびコロッケには、わさびの茎が入っているそうです。
味は、普通のコロッケでした。

わさびフランクフルトは、ケチャップとわさび入りのマヨネーズがかかっていました。
これはこれで美味しい。
でもマスタードをつけた方がもっと美味しいかも。

とは言え、色々なわさび入りの食べ物を楽しむことができて、大満足です。

分水嶺

大王わさび農場から松本市へ移動する途中、車で川を渡りました。

「大王わさび農場で見たふたつの川は、いま渡っているこの川と合流しているのかな?」

Googlマップで調べてみました。車で渡った川は犀川と言うそうです。大王わさび農場のふたつの川も犀川に合流していました。

でも、地図を見ていると合流の仕方に違和感が。

あ、北に向かって流れている。この川は、日本海に注いでいる。

関東に住んでいる我々は、川は南に流れ太平洋に注ぐものだと思っています。

でもここでは、川は日本海に注ぐのです。

しかし同じ長野県の川でも、天竜川は太平洋に注いでいます。

長野にはたくさん分水嶺があるんだ!

そんな話をしながら、車を松本に走らせました。


分水嶺とは、水が流れる方向(たとえば、太平洋側と日本海側)の分かれ目です。
そのため物事の方向性の分り目、人生の分かれ目を意味することもあります。


松本城

松本と言えば、まずは松本城。

松本城近くでは少し渋滞していましたが、14時少し前に松本城の北側にある市営開智駐車場に到着。

駐車場は常に満車状態ですが、出る車もたくさんあり、待つことなく車を止めることができました。

なお松本城周辺には他にも駐車場が多数あるので、駐車に困ることはないでしょう。


松本城
国宝。現存する最古の五重六階の木造天守。
天守内を観覧することができますが、階段は狭く急です。
松本市のWebによると、階段の数は約140段、階段の最大斜度は約61度とのことです。
昔、僕も登ったことがありますが、急な階段で登るのも大変でしたが、降りる時に怖かった覚えがあります。

  • 所在地:長野県松本市丸の内4−1
  • アクセス:JR松本駅から徒歩20分
  • 駐車場:周辺に多数あり
  • 観覧料(天守、本丸庭園):大人700円、小人300円
  • 開場時間:午前8時30分から午後5時まで(最終入場は、午後4時30分まで) 
  • 休み:12月29日から31日

市営開智駐車場

  • 駐車料金:1時間以内200円、その後30分ごとに100円(普通車)
  • 開場時間:午前8時00分から午後6時00分まで

天気が良く、松本城は堂々として美しかったです。

なわて通り商店街

松本城から歩いてなわて通り商店街まで移動しました。


なわて(縄手)通り商店街
松本市内にある個性的な店が並ぶ商店街。

  • 所在地:長野県松本市大手3丁目付近
  • アクセス:JR松本駅から徒歩10分
  • 駐車場:周辺に多数あり
  • 営業時間、休み:各店舗による

カエルがなわて通りのシンボル。

少しレトロな雰囲気のある商店街です。

ところで松本市内では、丸型ポストをいくつか見かけました。

今回は見に行きませんでしたが、なまこ壁の土蔵が立ち並ぶ通りもあります。

松本はレトロな雰囲気の街です。

美ケ原温泉 翔峰でのんびり

美ヶ原温泉 翔峰

車に戻り、今夜の宿に向かいました。

泊まるのは松本市の郊外にある翔峰と言う宿です。

松本市の中心部から車で10分ほど走ったところにあり、街を見下ろすことができる高台にあります。

宿から見下ろす松本の街、遠くの山々、そして雲がとても綺麗でした。


宿泊した翔峰は、美ヶ原温泉と言う温泉地です。

しかし美ヶ原高源とは全く別の場所にあります。
美ヶ原温泉は松本市市街地に近く標高600m程度ですが、美ヶ原高原は標高2,000m付近に広がる高源です。

また松本市市街地近くにはもうひとつ浅間温泉という温泉地もあります。


温泉と晩ご飯

部屋に入ったら一休みをして、まずは温泉!

ここの温泉は弱アルカリ性低張性温で臭いはあまりなく、優しいお湯でした。

お風呂に入ってのんびりしたら、次は晩ご飯。

『牛尽くし』というプランでお肉のコース料理でした。

でも量が少ない?!
なんだか少し物足りなかったです。

その後、宿の庭から夜景を見て、温泉に入り、部屋で地ビールをいただきました。

心底がっかりする美ケ原温泉翔峰~西の館アルプスビュースタンダード~

4つ星の高級宿をウリのしているようですが、残念ながら食事と今回宿泊した部屋の設備に関して到底4つ星をつけられるようなお宿ではありません。

今回宿泊した部屋は西館『天覧』という仰々しい名前がついた部屋でした。
残り1部屋でここしか予約できなかったので、宿のHPをざら見して問題なさそうだったので予約しました。
宿のHP上では『西の館アルプスビュースタンダード』なるお部屋だったのだと思います。
和室のふつうのお部屋で眺めは良いです。
しかしバスとトイレが一緒でユニットバスとは!
三連休の中日に宿泊しました。
一泊1人3万円以上のお値段なのにお部屋のうすぎたないユニットバス。
まさか3万円以上するのに、バスとトイレが一緒なんて思いもよりませんでした。
細かいようですがドアノブの周りにはカビが生えていました。
お風呂は温泉に行くからいいとしても、トイレに行くたびになんとも言えない嫌な気分になりました。
もちろんお宿のHPにはバス・トイレの写真など載せていません。
これが載っていたら絶対に予約などしません。

宿泊費と設備が見合うことがなく、なんだか騙されたような気分です。
新しい東館はまともな設備なのかもしれませんが、古い西館への宿泊はあまりおすすめできません。
または値段見合いですね。
わたしならこのお部屋土日の繁忙期でも一泊2食付・1人1万5千円以下でないと泊まりません。
眺めの良さは評価できるので、ビジネスホテルに毛が生えたようなお値段なら泊まってもがっかりしないです。

あまりにひどい翔峰のバス・トイレ
西館・天覧(西の館アルプスビュースタンダード)
トイレも斜めに曲がってついています。
これではビジネスホテル以下です。

残念なことに食事は夜も朝もイマイチでした。
特筆すべきことは何もなく、A5の和牛でさえ、サシの入り方にA5を疑ってしまうくらいのクオリティです。

とはいえ、館内のパブリックスペースはクロスも張り替えられ、綺麗に絨毯が張られています。
また、部屋や展望露天風呂からの眺めやパウダースペースは充実していて評価できます。
従業員のホスピタリティも良いです。

ただどんなにパブリックスペースが充実していても、肝心の部屋の設備(トイレ)と食事のレベルが低いとは・・・心底残念に思いました。

HPの写真にでてくるような東館の新しい設備であれば4つ星の宿なのかもしれませんね。

美ケ原温泉翔峰の西館に宿泊される方、バストイレ一緒のうすぎたないユニットバスのことを最初から知っていればがっかりすることもないですよね。
是非このレビューを参考にしてください。

翌日の予定

昼間、日本海に流れる川を見て分水嶺を見たくなりました。

調べてみると隣の塩尻市に分水嶺があることがわかり、予定を変更して見に行くことにしました。

よし、明日は分水嶺を見に行こう。

2日目に続く

タイトルとURLをコピーしました