あま~い『あまりん』が食べ放題!秩父の内田農園で『いちご狩り』じゃなくて『ちちご狩り』!

秩父の内田農園

今回「いちご狩り」じゃなくて「ちちご狩り」に選んだのは埼玉県秩父市にある内田農園です。
グーグルのクチコミでとても評判が良かったので内田農園を選びました。
展望の宿すぎなをチェックアウトしてすぐに内田農園へ向かいました。
10時過ぎに到着しましたが、まだ混雑はしていません。

かわいい「ちちご狩り」の看板に出迎えられました 笑

こちらで料金をお支払いしてかご、おしぼり、パックや練乳をもらいハウスに入ります。

季節によって料金は変わるようですが、4月25日は1,600円でした。
練乳は無料ですが・・・
内田農園のいちごは本当に、ほんとうに、ほんとーーーーに!!!甘かったので、わたしには練乳不要でした!
でも、練乳好きな方は練乳のお代わりもできるそうですよ!

埼玉限定!幻のあまりんも食べ放題!

埼玉県産の「あまりん」は埼玉県内の農家でのみ栽培が許可されている品種だそうです。
現在は栽培量も少なく、なかなか市場には出回りません。
埼玉県内のいちご栽培面積は、約106ヘクタール。
そのうち「あまりん」の栽培面積は約1.5ヘクタールです。全体の1%しか栽培されていません。
これが、幻のいちごと言われる所以です。
なんと!内田農園さんはこの幻のいちごあまりんも食べ放題なんです!
他の農園さんはあまりんに別途の料金を設定していたりするので、これは本当にありがたいことです。

紅ほっぺ・とちおとめ・あまりんが食べ放題です。
コロナの対策としてその場で食べるのではなく、パックに収穫してテーブルでいただくことができます。
このシステム中々良いです!
その場で食べるより落ち着いて食べられますし、みんなで食べられるのも楽しい!
テーブルは何台か置いてあります。

あまりんのお味

あ・・・甘い!!!
一口食べてとちおとめとの違いに驚きました。
もちろんとちおとめも美味しいですよ。
でも、あまりんにはぎゅっと濃縮されたような甘さがあり味が濃い!
調べてみたところ、あまりんは糖度の高さが特徴のようです。
どうりで甘いはず。
そして驚くべきはへた離れ。
普通のいちごはへたを取るといちご本体側にちょっとだけ残る緑の芯がありますよね。
あのちょっと残った芯、苦手なんですよね。
でも、あまりんはね、芯ごと取れるからとっても食べやすいの!
甘さとへた離れの良さにあまりんファンになりました。

連れは帰りに受付であまりんを買っていました。
1パック800円
スーパーでは見たことない品種なので良いお土産ですね!

めっちゃおすすめ!赤い宝石ちちごじゃむ!

わたしが気になって購入したのが「ちちごじゃむ」という名のいちごジャム。
ちちごじゃむ600円。
わたしが「ちちごじゃむ」じーーーっと見ていたら、お店の人が
「できたてなんですよ~」
って推してくれたから買ってみました!
そしたらね、ちちごじゃむ、めっちゃんこ美味しい!!
甘さ控えめ、いちごの香り、適度な酸味~

保存料・添加物なし!
いちご(秩父産)・砂糖・レモン果汁のみ!
保存料入ってないから早く食べきらないと~なんて心配していたんだけど、そんな心配無用!
2本買っておけば良かったと後悔するおいしさ。
これ、お土産にもぜったい喜ばれますよ!

瓶の蓋をあけると、きらきらした赤い宝石ちちごじゃむが・・・
パンの上でもきらきらしてるちちごじゃむ!
楽しい秩父旅は終わってしまったけれど、ちちごじゃむのお陰で旅行の後も秩父を楽しめました!
内田農園のあまりん&ちちごじゃむ、マジでおすすめです!

タイトルとURLをコピーしました