女子会にもおすすめ!展望の宿すぎなで武甲山を臨む絶景に癒される

展望の宿すぎな

展望の宿すぎなは埼玉県秩父市にある民宿です。
今回は女子会で行ってきました!
県道72号線秩父荒川線を寄居方面からアクセスし、巴橋のところで右折してミューズパーク方面へ登っていきます。
展望の宿と名乗るだけあって、標高は少し高めのところにあるようです。
途中細い道を曲がると小さな集落が開けてきます。
のんびりした里山の景色の中に民宿が建っています。

立派な日本家屋とアンバランスな看板 笑
あとでわかったのですが、もともと割烹旅館を民宿に変えたのでこんなアンバランスが生まれたみたいです。

まわりは里山。
のんびりして静かな雰囲気です。
新緑が眩しく本当に気持ち良い場所です。

庇が深く贅沢な入口です。

民宿・・・だよね。
旅館と見紛う立派な玄関。
贅沢な上がり框がついています。

すぎなの部屋「せきれいの間」

お部屋は1階の「せきれいの間」
もうすでに景色が!!!
庭の奥には秩父の山々が見えます。
これはもう見事な借景。
国土地理院のサイトで調べてみたところ、展望の宿すぎなの標高は約349mでした。
道理で眺めが良い訳ですね~

そしてこの部屋、驚くことなかれ。
なんとこの部屋は10畳+10畳+4.5畳!
いくら割烹旅館だったからとはいえ24畳って贅沢すぎません??
それに広縁と床の間がプラスされているので更なる広さ!
テーブルのあるお部屋は歓談する時用、手前のお部屋はお布団敷く用みたいに分けて使えるのでとっても便利!
いくら友達と一緒でも狭い部屋はストレスですよね。
その点この部屋はパーソナルスペースを侵害されることなくゆったりとくつろげる最高のお部屋でした!
民宿ですが小さいタオルと浴衣と歯ブラシはありました。
バスタオルは1枚100円でレンタルしているのでお借りしました。
お宿に電話した時にタオルは借りますとたまたま言ったところ女将さんが、
「最初からお部屋に準備しておきますね~」
とおっしゃってくれました。
部屋に入ったときは浴衣と一緒にタオルも置いておいてもらえました。

縁側からお庭で出てみます。
1階の醍醐味ですね!
最初は2階のお部屋の方が眺望が良さそうと思っていたのですが、満室でした。
仕方なく余っていたこのせきれいの間を予約したのですが、庭に出られるのでかえって良かったかも。
初夏の日差しと若葉そして建物の影が相まって本当に美しい眺め。

近隣の山々を従える武甲山が見事な絶景です。

すぎなのお風呂

少し早めの14時半頃についてしまったのですが、もう部屋の準備ができているとのことで女将さんのご厚意で早めにチェックインさせてもらえました。
おばば達はお風呂が大好きなので、早速お風呂に行きます!
お風呂からの眺め。
窓が開いたらもっと気持ちが良いのにな~
残念ながら露天風呂はありません。
湯船は檜風呂かと思いきや、ちょっと違う檜に似せた素材?
風呂の底は塩化ビニールみたいな素材で滑ります 笑
でも、コスパが良いお宿なので我慢できます 笑

お風呂の窓はとても大きいので解放感があります。

すぎなの夕食

食事処はせきれいの間の隣にある宴会場のような場所でした。
民宿なので豪華で手の込んだ夕食ではありません。
でも旬の食材をいかした家庭的な料理がならび癒されます。
筍の天ぷらや秩父名物の豚みそもありました。
品数も十分!お腹もいっぱいになります。
おいしくいただきました~

お宿の心遣い

早めにチェックインして一風呂浴びたあとはレクリエーションです。
レクリエーション前にフロントの近くのソファーが置いてある小さなロビーでコーヒーを調達!
豆を挽いてコーヒーを入れるマシーンがあり、コーヒー飲み放題!
車で行ったので荷物を気にせずジェンガやブロックスなどのゲームを持参!
遊び激烈盛り上がり!
罰ゲームではフェイスペイントのペンで顔にイタズラ書き 笑
それはそれは負けられない戦いになりましたとさ。
女子会(おばば会)の1人が誕生日の週だったので、ケーキでお祝いもしました。
お宿の女将さんに電話で相談したところ、シャトレーゼのケーキをお宿で準備してくれるとのこと。
しかも手数料とらず、ケーキ代金だけで良いとのこと。
ロウソクは何本?とかプレートに書く名前なんかも丁寧に聞いてくれました。
食事でお腹一杯になるからあまり大きなケーキじゃない方がいいとアドバイスしてくれたり。
とっても良心的なお宿です。
ケーキは食事処で食事中に部屋の冷蔵庫に入れておいてくれました。
お皿やフォーク、ナイフも一緒に入れておいてくれました。
ちなみにケーキ代金は2,300円位でした。
本当に感謝です!

本当は教えたくないくらいコスパ最高のお宿

翌朝は少し曇りぎみ。
お庭に出て秩父のきれいな空気を満喫中!
武甲山を臨みながらここで歯磨きしていたツワモノもいます 笑
で、こんなに満喫したお宿ですが、宿泊代金は1万円ちょっと/1人
民宿だから期待しないで行こうと思っていたのですが、良い意味でさっくり期待を裏切られたお宿でした。
わたし達は女子会(おばば会)で利用しましたが、もちろんファミリーにもおすすめなお宿です。
しかし展望の宿すぎなはあくまでも民宿。
お布団は自分で敷かなければなりません。
おばば達はそんな事気にしないし、むしろ
自分達のタイミングで敷けるからいいね~
なんてポジティブシンキングなですが
旅館のように細やかなサービスを求める方には向いていません。

お庭からお宿を見るとこんな感じ。
右下の部屋がわたしたちが宿泊したせきれいの間です。
このお庭でバーベキューもできるそうです。
子供も大人も大喜びですね!

秩父の雲海

こちらのお宿、なんとなんと雲海も見ることができます!
雲海は天候に左右されるので、わたしたちが宿泊した日は残念ながら見られませんでした。
しかしお宿のInstagramを見ると、こんな素敵な景色が!!
これはまた宿泊してこんな絶景を見てみたいものです。

タイトルとURLをコピーしました