検証!冷やし中華が電子レンジでチンするだけで出来ちゃう?「冷やし中華、チンしました。」

新商品 冷凍の冷やし中華

ニチレイフーズから発売された、冷凍食品の冷やし中華をご紹介します。

なんと電子レンジでチンするだけで、冷た〜い冷やし中華が出来ちゃいます。
電子レンジで解凍した後に、冷水で冷やす必要もありません。

オープン価格ですが、近所のスーパーでは310円で売られていました。

作り方

・袋から出して、タレを取り出す。
・500ワットで3分30秒、600ワットで2分50秒加熱。
・タレを入れて麺をほぐす。
・具材を盛り付けて出来上がり。

袋の中身

袋の中には、タレ、具材、そして氷が乗った麺が入っています。

この氷が、冷たい麺ができる秘訣らしいです。
でも氷が乗っていて、麺が解凍できるか不安でした。

具材は4種類。錦糸卵と、紅生姜と、煮豚と、オクラです。

作ってみた

電子レンジに入れ、500ワットで3分30秒加熱。
少し麺がかたかったので、追加で10秒加熱。

麺もいい具合にほぐれています。
麺の上の氷が全部溶けずに残ってます。

麺にタレをかけ、良く混ぜます。

麺はちゃんと解凍されているけど、氷は残っています。
この氷で、麺が冷たくなるんですね。

具材を麺の上に乗せて完成!

具材は、錦糸卵と、紅生姜と、煮豚と、オクラです。

錦糸卵と紅生姜は、冷やし中華の定番ですよね。
キュウリではなくオクラなのは、キュウリは水分が多いので冷凍に向かないためだそうです。
煮豚がついていますが、個人的にはハムの方が好みです。

実食

味はどうなのか、そして本当に冷たいのか確かめます。

錦糸卵は、ちゃんと錦糸卵の味と食感でした。
紅生姜も、ちゃんと紅生姜してました。
オクラもネバネバしていて、オクラの味がしました。
そして煮豚です。肉、という感じがしなくて、ちょっと残念な味でした。やっぱ、ハムにしてほしかった。

そして、いよいよ麺を食べました。
ちゃんと冷たかったです。
コシもあります。コシがあるというか、ちょっと硬め、といった方が正確かもしれません。

タレの味も美味しかったです。ただしちょっと甘めなので、もう少し酸味がある方が良かったです。

感想

電子レンジだけで、本当に冷たい麺ができるのか?と疑っていたのですが、本当でした。

これは、スゴイです!

夏の暑い日、冷たい麺が食べたくなる時がありますが、お湯で麺を茹でるのは暑いから嫌。
コンビニまで買いに行くのも辛い。

そんな時、この冷凍の冷やし中華が冷蔵庫にあれば、手軽に冷たい冷やし中華が食べられるので、すっごく良いと思いました。

ちょっと残念なのが具材です。
キュウリの冷凍は難しいそうですが、ぜひキュウリを入れて欲しい。
また煮豚ではなく、ハムが良いです。
具材の量も、価格が少し高くなって良いので増やして欲しい。

こんなふうに若干改善して欲しい点はあるものの、これはおすすめです。
冷やし中華だけではなく、つけ麺とか、そうめんとかも出して欲しいと思いました。

皆さんも、ぜひ食べてみてください。

YouTube版も見てね

動画をYouTubeにアップしましたので、こちらもぜひご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました