初心者チェロを買う!の巻

おばばの手習い

2021年の4月からほそぼそとチェロを習っています。
六十の手習いとはよくいいますが、まだそこまで年齢を重ねていないので「おばばの手習い」です。
長年憧れていたチェロ。
特に低い音が好きです。
この歳になって少し時間ができたので思い切って憧れの大好きなチェロに触れてみる決心をしました。

気持ち的に続かなかったらどうしよう
とか
働き始めて時間がとれなくなったらどうしよう
なんて諦めるためにチェロを始められない言い訳を色々考えました。
だけどせっかく時間ができたのをチャンス&ポジティブにとらえてチェロを習い始める決心をしました。
あわよくばこのまま一生の趣味にできればという思惑と共に。

レンタル品の中国製イーストマンVC501

今は新品のイーストマンVC501をレンタルで利用しています。
弓とソフトケース、松脂などがついて7,480円/月
ですが、本来であればこれはワンランク下のイーストマンVC100のレンタル料金で、たまたまVC100の在庫がなかったため、VC501の新品をお借りしていました。
VC100のレンタル品が入荷したので楽器を取り換えてくださいという依頼が来たのと、島村楽器の弦楽器フェアが丁度良い日程で開催されるのを良いタイミングに購入することとしました。

ちなみにイーストマンはアメリカの会社で中国に生産委託しているので全て中国製となります。
イーストマンVC100は入門用としてチェロ・弓・ソフトケースがセットになって275,000円のものがあります。

わたしがレンタルで利用しているのはイーストマンVC501ですが、こちらはチェロ本体のみで363,000円です。

はじめた当初から購入を考えていたのですが、一番お安い入門用のチェロが中国製ということがネックでした。

チェロなのに中国製??
なんとなく中国製に信頼がおけない・・・

そんな気持ちが先行していました。

でもそこは所詮初心者のバカ耳。
中国製のイーストマンを弾いていてもまったく違和感なく、初心者でもよく鳴らしてくれる楽器だと思ってしまうくらい 笑

今回の弦楽器フェスタでピンとくる楽器がなければこのままイーストマンのレンタル楽器を買い取ろうかと思っていたくらいです。

猫にゲロを誘発させるほどの初心者

チェロケースの中でくつろいでいた時代もあったちゃちゃまるさん

どれくらい初心者なのかというと、表題の通り。
ドレミファソラシドしか弾けません。
チェロの練習の準備をすると飼っている猫が嫌な顔をしながらリビングから他の場所に移動します。
なんならわたしのチェロの練習中に2階で猫がゲロするくらい酷い音を出せる初心者です。
しかも2回もゲロ吐いてた!
たぶん船の汽笛みたいなぼぅ~~っていう音が嫌いなんだと思います。
姪っ子には「工事の音!」とも言われました。
あはは!

キャンペーンや優待をお得に使おう!コクーンシティカードセゾン

コクーンシティの島村楽器は売場面積も広い大きな楽器屋さんです。
ここでは昨年12月に妹が電子ピアノを購入した時のご縁もあり、こちらでチェロを購入することにしました。
ピアノだけでなく金管楽器や弦楽器も常に品揃えがあります。
店員さんは皆さん親切に色々教えてくれます。

ここで買う理由は他にもあります。
コクーンシティカードセゾンの新規のキャンペーンです。
新規でクレジットカードを契約すると当日のみ10%オフのキャンペーンがあるからです。
また年に数回コクーンシティカードセゾン10%オフの優待セールもあります。
残念ながら2021年6月はどちらのキャンペーンや優待セールもなく、
コクーンシティカードセゾンのJCBカードを契約すると契約月は5%オフ
というキャンペーンのみでした。
しかしチェロは高額な買物になるし、島村楽器は割引がないので、5%オフだとしてもお得感はあります。

新規に作った時のカードの限度額は40万円で回答がありましたが、カード受取時セゾンカードのカウンターで申込をして審査の上、限度額を70万円に上げてもらいました。

島村楽器弦楽器フェスタ

コクーンシティの島村楽器では常に6挺ほどのチェロが揃っています。
今日は弦楽器フェスタなので倍以上の16挺ほどのチェロが勢ぞろいしていました。

チェロがたくさんで壮観です!迫力があります!
予約は必要になりますがいつもはシマムラストリングス秋葉原にいる専門家のマイスターが一緒に選んでくれるというので、初心者にはうれしい限りです。

弦楽器フェスタなのでバイオリンもたくさんありました。
というか、チェロよりバイオリンが主役ですね 笑
100万円以上するものも展示されていて、この場所で試奏している人もいました。
試奏できるだけあって超上手!
もちろんチェロも試奏できます。
防音室も予約していただけたので、そこにマイスターおすすめの4挺を運んでもらい弓も併せて試奏しました。

手前に見える赤っぽい楽器がイーストマンかな。
奥の茶色のアントン・プレルと色の違いがありますが、これは単純にニスの色の違いだそうです。

選んでいただいたチェロは
アントン・プレルⅠ 385,000円
アントン・プレルⅡ 440,000円
ゼムリンガー
もう1つは・・・忘れたけどイーストマンだったかなぁ・・・

初心者のバカ耳でもなんとな~く、うっすらわかる低音の良し悪し。
ゼムリンガーは異様にG線が鳴って他の弦はかする感じで。
たぶんわたしのボウイングが悪いのだと思うのだけれど、相性が悪いと感じて早々に候補から外れました。

候補の中で残ったアントン・プレルは自分で弾いてもⅠとⅡの差がよくわからず、マイスターに弾いてもらって聞き比べ。
やっぱりⅡの方が低音がいいねとなり、アントン・プレルⅡを購入することに決定しました。
マイスターからもチェロの先生が初心者にすすめるナンバーワンがアントン・プレルというお墨付きを頂いたので、生来の面倒くさがりのDNAも発動し、とりあえずこれでいっか!という感じです。

弓もたくさんあります。

マイスターによると高価な弓が良いわけではなく、やはり相性もあるとのこと。
高い弓を買ったけれど、安い弓の方が良かったということもあるそう。
わたしは試奏の上ドイツ製の弓に候補を絞りました。
1つが55,000円、もう1つが110,000円。
ずぶずぶの素人なので弓で5万円以上とか目ん玉飛びてるというか、なんなら息も止まりそうです。
弾き比べてもよくわらかないのでマイスターにどちらが良いか聞いたみたところ、
どちらも差はないので55,000円の方で良いのではないでしょうか。
とアドバイスをいただいたのでその通りにしました。
マイスターから11万円の方が良かったと言われても初心者困りんぐだったので良かったです 笑

チェロケース

110,000円くらいから置いてありました。
全部で3種類。
その中で一番いいなーと思ったケースがGEWAのケース198,000円。
お値段聞いて初心者はホントに心臓が止まりました。
RIMOWAのスーツケースかよっ!
量産できないからこんなに高額なんでしょうか。
アントン・プレルⅡを試しに入れさせてもらいました。
でも内張りはベルベットのような高級感があり、持ち手のステッチも素敵。
車でレッスンに通うだけなのにここまで頑丈&高級なケースは必要なんだろうか・・・
しかしこれより安いケースはシンプルイズベストな感じで内張はびっくりするほど簡素。

自転車でレッスンに通えないか思案していたら担当の方でリュックみたいに背負子にしてくれました。
ケースの丈が足首まであるから自転車は絶対無理!ダメ!と連れに言われ自転車レッスン通学は断念。
だけど一生の趣味にする気概を持って清水の舞台から投身自殺する勢いでGEWAのケースに決定!
色は白にしました。

ウェルカム!アントン・プレルⅡ!初心者の心臓を殺しに来る総額

チェロ・弓・チェロケース。
今回のお会計は総額693,000円也!
もうね、明らかに予算オーバーですよ・・・
いや、これ、3ヵ月後にチェロ辞めたりしたらどうなるんだよっ!
と自分で自分にツッコミいれたくなる金額です。
しかしそこはおばばの手習い。
一生の趣味にする覚悟と気概を持って自分を追い込む!(ようにがんばる)
ちょっと待って!趣味ってこんなに追い込んでやるものなの??
もっとゆったり豊かな心を形成するような・・・
とか疑問は尽きませんが、もう買っちゃったからやるっきゃないです。

やるっきゃない!
やるっきゃない!
やるっきゃない!

(漂う悲壮な昭和感)

でもよく考えて。
高価なブランドのバッグを買ったことも買ってもらったこともない。←連れに当てつけ
チェロはわたしにとって生まれて初めての贅沢品。
大切に一緒に豊かに年齢を重ねていける相棒として全面的にウェルカム!でお迎えしようと思います!

ウェルカム!アントン・プレルⅡ!お手柔らかによろしくね!

おまけ。
今日一番高価なチェロ。794,750円。
こんなチェロが弾けるに値するくらい上手になれたら幸せですね!

タイトルとURLをコピーしました