きのこの里鈴加園で秩父の郷土料理と逸品ジビエ料理に初挑戦!

きのこの里鈴加園

きのこの里鈴加園は奥秩父にある石器を使ってジビエの焼肉などを楽しめるお店です。
柴原温泉柳屋で日帰り温泉を堪能した後にきのこの里鈴加園に立ち寄りました。
混雑していると入れないこともあるようなので、念のため予約していきました。

店は合掌造りの立派な建物で囲炉裏などもあり田舎らしい雰囲気に癒されます。

天井も高く開放的な作りでした。
店に入って手前側がお座敷、奥には椅子の席もありました。
椅子席は満席でしたので、椅子席にしたいなら予約したほうがいいですね。

秩父の郷土料理 石器焼き料理

上の写真のような石で肉を焼きます。
石器焼で自然の石(砂岩)を炊火で焼き山野菜、きのこ類、野獣肉等を頂きます。油を使わず、煙が出ず、こげず、素材本来のおいしさが味わえるのが特徴だそうです。
確かに油もひきませんでしたし、煙も出ていませんでした。

きのこの里鈴加園のメニュー

メニューはコース料理もありますが、今回は単品で注文しました。
鹿肉が入荷したばかりというので、初の鹿肉に挑戦です。
きのこご飯セット4人前
鹿肉2人前
猪肉2人前
天ぷら1人前
を注文しました。

天ぷらは山菜が中心でした。

鹿肉。
赤身です。
なんと、なんと!
鹿肉は表面をあぶって焼いただけで食べて良いそう!
お味は柔らかく、脂がないのでさっぱりしています。
心配していた臭いも全くなく、すごく食べやすい!
っていうか、美味しい!
鈴加園自慢の行者にんにくしょうゆ漬というタレにつけて食べましたが、この行者にくにくしょうゆもおいしい!

猪肉。
久しぶりの猪肉です。
猪肉は脂に甘みがあっておいしいですが、焼肉より牡丹鍋の方が好みかな。

きのこご飯セット。
もう普通に美味しいです!

窓からの眺めです。
お店の人が窓を開けてくれたので、時折新緑の木々を渡る風がふわ~っと入ってきて本当に気持ちが良かったです。

お土産におススメ!行者にくにくしょうゆ漬

帰りに店の前にある売店で「行者にんにくしょうゆ漬」を購入。
お店では焼肉のタレとして提供されていました。
ヒルナンデスでも紹介されたそうです。
小瓶70g 1,000円

行者にんにくは臭わないそうです。
だから家でも翌日の心配なく使えますね!
蓋を開けるとたんまり行者にんにくが入っています。
これはうれしいですね!
そのまま食べたり、焼肉のタレ・炒め物に、などなど、行者にんにくしょうゆ漬は万能調味料です。

豚肉とネギの行者にんにくしょうゆ炒め。
ジビエじゃないけれど、めちゃんこうまうまでした~!
この行者にんにくしょうゆ漬はお土産にもおすすめですね!

タイトルとURLをコピーしました