箱根名物『はつ花そば本店』で自然薯と卵だけで打たれたそばを食べる

はつ花そば本店のおすすめ度

★★★☆☆
はつ花そば本店のおすすめ度は★3つ

はつ花そば本店

はつ花そは本店は箱根湯本駅から徒歩5分、ホテル河鹿荘の前の湯本橋を渡ってすぐ左側にあります。
入母屋の屋根が特徴の建物です。
水を一切加えず自然薯と玉子のみで打ち上げた昔ながらの贅沢なお蕎麦というのが売り。
風味豊富で滋養強壮にて喜ばれているそうです。
滋養強壮になってたのは店ができた大正時代くらいの話で、食べ物も豊になった今は滋養強壮のためにはつ花そばを食べに来る人はまずいないと思います。

訪問したのは土曜日の17時前。
箱根湯本の商店街が次々にシャッターを下ろし始める時間です。
このまま車で帰ると土曜日の行楽帰りの渋滞に巻き込まれるため、箱根で夕ご飯を食べて日帰り温泉に入って帰ることにしました。
入店するとほぼ席は埋まっていましたが、たまたま2席空きがあり、すぐに座れました。
店内は狭くほの暗い感じです。

一番人気のせいろそば

注文したのは店での一番人気のせいろそば1,200円
蕎麦、自然薯山かけ、薬味がセットになっているものです。
写真でもおわかりになる通り、そばの盛り方とか海苔の乗せ方とか雑 笑
自然薯の風味と粘り・・・なんでだろうあまり感じられませんでした。
でも、まずい、とかではなく普通にお腹を満たしたお蕎麦って感じです。

連れは貞女そば1,000円を注文。
こちらはそばに自然薯がかかっているものです。
こちらも自然薯のかけ方が雑 笑

天ぷらつまみ1,300円
天ぷらは『胡麻油と白絞油(しらしめゆ)でカラッと揚げたもので、胡麻の香りがふうわりと鼻をくすぐる逸品』なんだそうですが、あまり胡麻の風味も香りもなく。ごくごく普通の天ぷらでした。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

THE観光地のお蕎麦屋さん

総評するとこんな感じでしょうか。
写真見ていただいてもわかるように盛り方も雑です。
接客も「あーはいはい」みたいな感じで好印象ではないです。
一見客が多いとこんな感じになってしまうのでしょうか。
せっかく箱根名物にまでなったのに少し残念な気がします。
食べ終わって外に出てみると10人ほど並んでいました。
箱根名物なので混雑していなければ話のネタに食べてみても良いかもしれません。
しかし並んでまで食べる価値があるかと聞かれればNO!ですね。

タイトルとURLをコピーしました