コロナ禍で大注目!本当に怖い呼吸不全!経過観察に便利なパルスオキシメーターの使い方

パルスオキシメーターって何?

昨年から続くコロナ禍でパルスオキシメーターを購入したというご家庭も多いかもしれません。

我が家ではわたしが喘息持ちなので10年ほど前から使用している機器です。

IIS PMP-115 パルスワン/パシフィコメディコ(株)
日本製です。
価格は当時3.4万円くらいでした。
現在パシフィコメディコはアイ・エム・アイ(株)という会社になったようです。

パルスオキシメーターは非侵襲的に酸素飽和度SpO2を測る医療機器です。

要するに注射みたいに痛い思いをする必要なく、指にさくっと大きいクリップのような機器を装着すると、簡単に血中の酸素飽和度を測ることができるという代物です。
酸素飽和度SpO2の数値は%で表されますが、呼吸不全であるか等の判断を下す1つの材料になります。

健康な人のSpO2の標準値は96~99%
95%未満だと呼吸不全の疑いがあり、90%未満だと酸素吸入の適応になります。
肥満の方は96%を切ることもありますが、だいたい90%台をキープしています。

わたしの経験から言ってSpO2が90%を切って80%台に突入すると、物凄く苦しいです!
肺が風船みたいに膨らんでいるのに、空気を吸っても吸っても苦しい。
風船みたいに膨らんでいる肺がさらに膨らんで、それもまた苦しい。

横になると苦しいから眠れない。
背中にたくさんクッションや枕を入れて座位(座ってるかたち)を保持していないと苦しすぎて死ぬレベル。

忍び寄る呼吸不全!SpO2をモニタリングして自分の体調を見極めよう!

わたしは大人になってから喘息で2週間ほど入院したことがあります。

その教訓からパルスオキシメーターを購入しました。

退院後も1年に2~3回くらいの頻度で喘息の発作に見舞われました。

わたしの喘息悪化パターンは

第1段階(昼間)⇒なんとなく調子が悪いような気がしてきて、でもまだ大丈夫!な感じ。
SpO2を測ると94%~97%くらい。

第2段階(夕方)⇒まだ調子悪い感じがして、でもまだ大丈夫。な感じ。
SpO2を測ると92%~96%くらい。

第3段階(夜)⇒ん~調子良くならないなぁ・・・でもまだ大丈夫・・・な感じ。
SpO2を測ると89%!!??

第4段階(深夜)⇒く・・・苦しい。夜間救急へGO

呼吸不全は突然悪化することもありますが、わたしの喘息悪化パターンのように1日かけて徐々に徐々に悪くなっていくことも多いのです。

上記でSpO280%台になると物凄く苦しいと書きましたが、この悪化パターンの場合
第三段階のSpO289%のバリバリ呼吸不全の域に到達していても自分の感覚ではでもまだ大丈夫・・・な感じ。なのです。

なぜならばゆっくりと呼吸不全になっていくので、時間の経過とともに体が酸素の少ない呼吸不全に慣れてくるからです。
そしてSpO2が80%台になっていてもすぐには自分で苦しさを自覚できないことがあるのです。

これが本当に怖い忍び寄る呼吸不全の症状です。

このまま放置するとほぼ確実に時間の経過とともに苦しさが増します。

パルスオキシメーターがあればSpO2が時間の経過とともに低下していることに気が付けます。
そして自分の体を守るために、かかりつけ医に相談するというアクションを起こすことができます。

でも、パルスオキシメーターがなければ自分の体の状態が呼吸不全の危機的状況にあることに気が付けないこともあるのです。

我が家のパルスオキシメーターはSpO2が90%を切るとアラームが鳴り続けます。

SpO290%未満は酸素吸入の適用となるほどの呼吸不全状態です。

でももしSpO2が90%を切ったら、迷わず、夜間でもタクシーを呼んで救急外来に行ってください。

動けないくらい苦しければ躊躇せずに救急車を呼んでください。

呼吸不全は生死に関わる重大な症状です。

迷わずに行動してください。

普段のSpO2より3~4%低下したら急性増悪の可能性あり

急性増悪とは急に症状が悪化することをいいます。

普段のSpO2より3~4%低下した場合、呼吸循環動態が増悪している可能性を疑います。
病院に入院中であればこの低下で看護師がドクターコールする目安になります。

たとえば普段のSpO2が98%の人が94%になると呼吸循環動態が悪化している可能性があります。

わたしの普段のSpO2は95~98%です。
持病の喘息に肥満も加わってもともとのSpO2が低いのです。
普段でも健康な人のSpO2の標準値の96%を切っていることがあります。
だからかかりつけ医にお世話になるのは、普段のSpO2より3~4%低下した、SpO2が92%くらいになったときなのです。

わたしは喘息になりそうな具合悪さの時、パルスオキシメーターで時間毎のSpO2の数値を測定して、自分の悪化領域の分岐点を見つけました。
わたしの場合、第2段階の状態でかかりつけ医に行きステロイドの点滴をしてもらうようになってから、喘息での入院などの最悪の事態を回避することができるようになりました。

自分の普段のSpO2を知ることで病院に行くというアクションを起こす判断材料になります。

手元にSpO2がある人は1週間くらい朝晩SpO2を測定して自分の普段のSpO2を確認しておくことをおすすめします。

苦しい時の体位は『座位』

新型コロナの肺炎等で今苦しい人がいたら参考にしてください。

苦しい時、横になっているのよりも座っている方が楽なのはなぜ?
 座ったり、よりかかったりの状態になると横隔膜が下がり、腹部の内臓が重力で下がり、横隔膜への圧迫が減少します。 その結果、呼吸面積が広がって肺の伸展が容易になり、呼吸が楽に感じられるようになります。

喘息の発作が出るとベッドに枕やクッションをたくさん置いて楽な姿勢を保つようにしています。
でも具合が悪いのに横になれないなんて本当に辛いですよね・・・

在宅介護にも役立つパルスオキシメーター

パルスオキシメーターは義理母の在宅介護をしている時にも役立ちました。

母は間質性肺炎という肺が繊維化して硬くなってしまう病気でした。

在宅酸素も導入し酸素吸入を3L/分していましたが、繊維化して硬くなっている母の肺は酸素を取り込むことができませんでした。

波はありましたが母が苦しんでいる時のSpO2は90%未満が多かったです。

パルスオキシメーターの数値は母が苦しくないようにするために、体の位置を変える時の参考になりました。(死期が近くほぼ傾眠状態で意識がなかったため)

SpO2が95%以上あるときはベッド倒してを体を横にしたり
SpO2が80%台の時はベッドアップしてして体を座位に近い状態にしました。

亡くなる間際はSpO2が65%まで下がっていることもありました。

そこまでSpO2が低下すると意識はありません。

気管切開して人口呼吸器をつけ延命治療することはしない、と母と約束していたので、在宅で母を看取りました。

パスオキシメーターは安物でもいい?わけがなかった!

コロナ禍でパルスオキシメーターに注目が集まり、中国製から日本製まで1000円台から5万円程度まで幅広い価格帯のパルスオキシメーターがネット通販で購入することができるようです。

価格によって精度が変わらないなら、できるだけ安いパルスオキシメーターがいいですよね。

でもね、精度は価格帯によって変わることがあるようです。
一般社団法人日本呼吸器学会『よくわかるパルスオキシメーター』より引用

コロナであろうが喘息であろうが呼吸不全は生死に関わる症状です。

人それぞれ考え方の違いもあるでしょう。
でも喘息による呼吸不全で何度も苦しんだことがあるわたしの経験から言うと、信頼のおけない安価で精度の低い中国製のパルスオキシメーターで自分の命のモニタリングはしたくないです。

パルスオキシメーターのメーカー選び

日本製のパルスオキシメーターでも数千円からラインナップされていて何を選んで良いのかわからないですね。

ここでは安心できる日本の医療機器メーカーを案内しておきます。
だいたい2万円台から5万円台です。

まず、パルスオキシメーターを開発した技術者が在籍していた
日本光電工業(株)
その後、現在のパルスオキシメーターの主流となるものを発売したのが
コニカミノルタ(株)
医療機器メーカの大手である
日本精密測器(NISSEI)
ニプロ
わたしが利用している
アイ・エム・アイ(株)(旧パシフィコメディコ(株))
比較的安価な
小池メディカル

などメーカーのHPの商品紹介の中で『管理医療機器』とされているものが精度を担保し安心して使えるパルスオキシメーターです。

ニプロ パルスオキシメーター マイティサット 59-130 マシモSET

パルスオキシメーター サーフィンPO [ヘルスケア&ケア用品]

コロナ禍の今、精度の高いパルスオキシメーターの在庫が不足していて探しにくいとは思います。

しかしいざという時に命のモニタリングをするパルスオキシメーターです。

信頼できるメーカーの機器を選ばれることをおすすめします。

最後に

パルスオキシメーターの数値だけが全てではありません。

たとえSpO2が正常値であっても苦しいことはあります。

機器の数値だけにとらわれず、体のSOSにも耳を傾けて苦しい時にはすぐに病院行くなど対処しましょう。

タイトルとURLをコピーしました